向けられる羨望の眼差しに気分も上々【女性なら誰もが憧れる小顔】

顔を小さくする治療

笑顔の女の人

特別太っているわけではないのに、顔だけが大きくなってしまっている人がたまにいます。美人の条件の1つに八頭身というものがありますが、体に比して顔だけが大きくなっていると、八頭身どころか五頭身くらいになってしまう可能性があります。顔が大きいと実年齢よりも幼い印象になるため、若く見られると言って喜ぶ人も稀にいます。しかし、大人っぽい美人にはなれません。そのため、悩んでしまう人がたくさんいます。 大きな顔を小さくしたいのであれば、一つ目に顔の骨を削る小顔手術を受ける方法があります。この方法は、術後しばらくの間は普通に生活することができなかったり、料金が高めであったりするためあまり一般的ではありませんが、確実に顔を小さくすることができます。二つ目は、注射を打って顔を小さくする方法です。脂肪溶解注射やボトックス注射を用いることになりますが、料金が手頃である上に日常生活にほとんど支障が出ないため、多くの人が利用しています。

先程も述べたように、注射を用いる小顔治療が大人気になっています。小顔治療に用いられるのは脂肪溶解注射やボトックス注射ですが、注射の種類によって得られる効果に違いがあります。脂肪溶解注射は、その名が示している通り、脂肪を溶かしてしまう効果がある注射です。この注射を顔に打つと、顔についている余分な脂肪が溶解されます。溶けた脂肪はリンパの流れに取り込まれて、少しずつ体外に排出されていきます。したがって、脂肪のつきすぎで顔が大きくなっている人に有効な注射ということになります。 もう一方のボトックス注射には、筋肉を麻痺させる効果があります。実は、顎の付け根部分の筋肉が発達しすぎているせいでエラが左右に大きく張り出し、顔が大きくなってしまっている人がいます。そのような人は、エラの部分にボトックス注射を打つことによって顔を小さくすることができます。ボトックス注射を打つと、その部分の筋肉が収縮しなくなります。使わない筋肉はドンドン衰えて痩せ細っていきます。その結果、顔がスッキリと小さくなるという仕組みです。筋肉を麻痺させる効果があると聞くと怖がる人がいますが、麻痺が続くのは概ね半年程度ですので、何も心配する必要はありません。

Copyright © 2016 向けられる羨望の眼差しに気分も上々【女性なら誰もが憧れる小顔】 All Rights Reserved.