向けられる羨望の眼差しに気分も上々【女性なら誰もが憧れる小顔】

組み合わせの工夫で小さく

カウンセリング

エラ削りしなくてもOK

美容整形はどんどん進化が進んでいるので、小顔にする整形法もたくさんあります。まずは情報を集めて、どの方法が一番よいといえそうか調べてみるのがよいでしょう。もちろん、実際に美容整形クリニックに出かけていったときにはドクターに相談して施術法が決まっていきますが、自分でもある程度の知識を持っているとより安心です。小顔にする整形法の中にはわりあい大がかりな手術などもあるからです。それが頬骨削りやエラ削りと呼ばれている整形法です。こうした施術は特に経験を積み重ねてきたドクターのもとで受けるようにする必要があります。外科手術なので、感染症の危険を避けるためにも信用のおけるドクターに執刀してもらうのが望ましいのです。このような方法よりもっと気軽に受けられる方法がよいという人には、整形施術の組み合わせて小顔をつくるという方法もあり、最近人気が高くなっています。この方法なら直接頬骨やエラを削らなくても小顔に見せられるので、リスクも小さい上に心理的にも受けやすい施術であるといえます。

目・鼻・輪郭を整える

美容整形の組み合わせで小顔を作るには、次のような手順を踏んでいきます。まず鼻の形や横に広がっている形状などによって、顔が大きく見えている場合があります。そのため、ヒアルロン酸を注入したり、プロテーゼを挿入したりして鼻をスッキリと高くします。これだけでも顔がだいぶ引き締まって見えます。次に、輪郭を修正します。最近の美容整形では、有効成分を注射するだけで顔の部分やせができるようになっています。顔の輪郭が凸凹していると印象を大きくダウンさせるので、輪郭を注射によって整えます。すると綺麗なラインの輪郭になり、印象が大きく変化してそれまでより小顔に見えるようになります。さらに、まぶたが腫れぼったい場合にはその部分だけ切開して腫れぼったさを取り除きます。必要があるときは埋没法などの二重形成施術を行います。このような手順によって整形していくと、ひとつひとつはプチ整形やそれに準じる簡便な整形法ですが、その組み合わせによって以前とは全く印象の異なる小顔が完成します。

Copyright © 2016 向けられる羨望の眼差しに気分も上々【女性なら誰もが憧れる小顔】 All Rights Reserved.