向けられる羨望の眼差しに気分も上々【女性なら誰もが憧れる小顔】

整形の力で美を手に入れる

注射治療

自分の目的に合わせて

お化粧や髪形で隠すことが難しく、せっかく顔のパーツが整っていても、顔の形がイマイチだったり、輪郭が目立ちすぎてしまうと、他人の視線が気になるものでしょう。そこで利用する人が増えてきているのが、「小顔整形」です。これには、悩み別にいくつもの方法があります。まず、顎が後退していて、Eライン(鼻から顎にかけての横顔)ができない人は、顎にシリコンを入れる施術を行います。この場合、口の中からシリコンを入れる手術を行い、効果が半永久的に続くというのが特徴です。他に、比較的手軽にできる小顔整形の方法に、注射を使った施術があります。これは、発達しすぎてしまった顎の脂肪細胞を溶かして小顔にします。メスを使わない施術で、10日程度のダウンタイムがありますが、マスクで隠すことで目立たなくすることもできます。最後に、二重顎を解消して小顔を目指したいのであれば、脂肪吸引が良いでしょう。顔にメスを入れると思われるかもしれませんが、実は目立ちにくい耳の裏などから行うので、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

それぞれの特徴

他に、少し大掛かりな施術にはなりますが、意外と悩んでいる人の多い「エラ」を削る施術があります。これは、出過ぎた顎の骨を削っていきます。シリコンを入れるときと同じように、口の中から行うことが多いので、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。次に、笑ったときや横から見たときに、頬骨のあたりが目立ちすぎてしまう場合も、小顔整形でスッキリとした印象に変えることができます。一見、ダイエットをすれば目立たなくなるのではとも思われますが、頬骨自体が出ていることが原因の場合、自然に解消することはできませんので、エラと同様に頬骨を削って解消します。他に、脂肪を溶かす注射にもいくつかの種類があり、すぐに効果を実感できるものと、徐々に脂肪を溶かしていくものがあります。脂肪をどうにかすることで小顔を目指すという点では、脂肪吸引も同じです。しかし、脂肪吸引の場合には、効果がすぐに出る分、メスを入れるというリスクがありますし、施術料金も注射に比べてかさむことが多いです。ですから、小顔整形を利用する場合には、目的や予算に合わせて施術方法を選ぶようにすると良いでしょう。

Copyright © 2016 向けられる羨望の眼差しに気分も上々【女性なら誰もが憧れる小顔】 All Rights Reserved.